【4歳までにひらがなが読める!】あっちゃんあがつく たべものかるた

2019年2月25日

あっちゃんあがつくかるた
あっちゃんあがつくかるた

小学校に入学する前に、文字は読み書きできるようになりたい!という親御さんが多いと思いますが、私もその一人でした。

私の周りには「しまじろう」をやっているお子さんが多く、「しまじろう」で文字を覚える子もいますが、うちは「しまじろう」はやっていなかったので、娘にどうやって文字を覚えさそうと悩んでいました。

1つは定番ですが、

お風呂のひらがなシート。

これは定番ですよね。お風呂に貼っていました。

確かにそれでも覚えますが、もうひと超え、完璧にひらがなを読んで欲しいなぁという親御さんに、この「あっちゃんあがつく」のかるたはとてもオススメです!

このかるたで遊んでいるうちに、娘は4歳に成り立てのタイミングで、ひらがなが読めるようになりました。

かるたで遊びながら、楽しく文字を学べ、覚えてくれます。

あっちゃんあがつくは、食べ物がかるたになっています

ゼリーのかるた
あっちゃんあがつくの「ぜ」ゼリーのかるた
いろんな食べもののかるた
いろんな食べものがいっぱい!

このかるたは、食べものかるたです。

かるたで紹介されている食べものは、ゼリー、納豆、おにぎり、そば、エビフライ、シュークリーム、コロッケ、ぶどうなど、和食から洋食、お菓子に果物と本当にバラエティに富んでいます。

いろんな食べものが出てくるので、それだけでうちの娘は釘付けです。

文字を強制的に覚えさせるのではなく、食べものから興味を持ってもらって、自然にひらがなが頭に入ってくるようになります。

フレーズが楽しい!

あっちゃんあがつくのフレーズ
頭に残るフレーズです

かるたのフレーズが、「あ」っちゃん「あ」がつく、「か」っちゃん「か」がつくとか、フレーズの中にかるたに示してある文字が2回出てきます。

この2回繰り返すのが、結構重要で、頭にその文字が刷り込まれていく感じです。また、こどもは興味を示すと記憶力も高くなるのか、フレーズそのものを丸ごと覚えていきます。

また、「だ」や「が」の濁音や、「ぱ」や「ぷ」といった半濁音のかるたもありますよ! それもこのかるたで覚えてしまいましょう。

イラストがかわいい!

さいとうしのぶさんのイラスト
イラストのキャラクターがいきいきしています

このかるたの魅力はさいとうしのぶさんのイラストにあるのかなと思います。

まるで生きているみたいだし、表情も豊かですよね。

食べものがキャラクターになっているかるたも楽しい。食べることって楽しいことなんだなって改めて思わせてくれるイラストです。

うちの娘もさいとうさんのイラストが大好きです。

ぜひ、一度イラストを楽しみながら、遊んでみてください♪

絵本もあるんです

実は、このかるた、絵本にもなっています。

また、絵本の中に楽譜があり、このフレーズにメロディがついています。

かるた で遊んで、絵本もあれば、もっと早くひらがなを覚えてくれるようになると思います。チェックしてくださいね♪

まとめ

このかるたで4歳までにひらがなを覚えちゃいましょう! 娘には、このかるた と絵本を買って、遊ぶ&読むということをしていました。なので、ひらがなを覚えるのはとても早かったです。すごく興味も持ってくれました。

年中の中頃からひらがなが読める子どもが増えていき、小学校に上がる手前には、ひらがなはなんとなく書けて、漢字まで書ける子どもがチラホラ出てきます(汗)。

「あっちゃんあがつく」のかるた と絵本の合わせ技で、読んで遊べば、早くひらがなを覚えられると思いますよ。

小学校入学前に、ひらがなは書けるようになりたいという親御さんはぜひどうぞ!